ワキガの治療で保険適用されるものにはどんなものがあるの?

 

ワキガ臭を改善する治療にはメスを使って汗腺を除去するものから、レーザーなどを使った切らないものまでさまざまな手法がありますよね。

 

でも調べてみると、ほとんどが保険適用外で、治療費に30万円とか40万円とかかかるものばかりですよね?

 

ワキガ体質の本人からすると、先天性の疾患のような気がするのに、どうして美容外科手術のような扱いになってしまうのか、って腹立たしくなるかもしれませんね。

 

でも保険が適用される治療法もあるにはあるので、そのことをお話しします。

 

ワキガの治療で保険適用されるものにはどんなものがあるの?

 

 

ワキガの治療で保険が適用されるものには「剪除法(せんじょほう)・皮弁法」しかない、と言われています。

 

私がいろいろと調べた中には、「超音波吸引法」を保険適用で行っているというクリニックを2つほど見つけました。

芦屋クリニック

 

でもどちらもメスを入れる治療法ですね。

 

人気の「切らない治療法」であるミラドライやレーザー、ボトックス注射やビューホットなどはどこも保険適用外となっています。

 

 

剪除法(せんじょほう)・皮弁法ってどんな手術?

 

 

「剪除法・皮弁法」は先ほどもご紹介しましたが、ほぼ唯一、保険が適用されるワキガ治療です。

 

保険が適用されるので、お値段も4万円ほどと、他の治療に比べると、かなり安いという印象ですね。

 

もそもワキガとは、アポクリン汗腺から出る汗が皮脂とまざり、それが悪玉菌(臭い菌)によって分解されて悪臭を放つことなんですよね。

 

 

そしてこの「剪除法・皮弁法」は、腋の下をメスで切開し、その皮膚を裏返して医師が目視によってアポクリン汗腺を1本ずつハサミで切り離していく方法です。

 

かなり重度のワキガ症の場合によく用いられる治療法ですね。

 

とてもワキガ症の改善効果が高く再発もほとんどありません。

 

ただし、傷跡がかなりしっかりと残ります

(※画像的にはかなりインパクトの強いものになりますが、見てみたい方はYahoo!やGoogleで「剪除法」の画像検索をしてみてください)

 

もちろん術中は麻酔をかけますので痛みはありませんが、ワキを4~5㎝ほど切開しますので、麻酔が切れたら痛みます。

 

さらに手術のあとは内出血を防ぐためにワキを圧迫固定します。

 

ワキを圧迫固定した場合は、生活にも支障が出ます。

 

術後4〜5日で包帯を外すことができ、術後約2週間で抜糸を行います。

 

1週間くらいは運動もできませんし、お風呂に入るときも傷の部分をつけることはできません。

 

さらに医師の経験や技量で結果に差が出やすいので、もし行う場合は病院選びが重要です。

 

子供でも受けることができる?

 

ただし、お子さんに「剪除法・皮弁法」を施す病院やクリニックはかなり少ないと言えます。

 

ワキに4~5㎝もメスを入れるため、体が成長すると「引きつれ」を起こしたり、汗腺が復活してしまうことがあるからなんです。

 

私も手術室で長く働いていますが、小学生や中学生にこの「剪除法(せんじょほう)・皮弁法」を用いた手術はまだ見たことがありません。

 

保険適用で安いとはいえ、とてもお子さんの体に負担が大きい手術ですので、もし本気で考える場合でも、体が成長しきった18歳くらいから考えた方がいいと思いますよ。

 

さらに詳しくはこちらをどうぞ。

≫≫剪除法(せんじょほう)・皮弁法ってどんなワキガ治療?子供が受けてもいいの?

 

 

超音波吸引法ってどんな治療なの?

 

 

私は超音波吸引法を保険適用で行っている病院なりクリニックは無いと思っていたのですが、実際に見つけてしまいましたのでご紹介しておきますね。

 

料金は調べてみましたところ、クリニックによってまちまちで、だいたい5万円~8万円が相場のようですね。

 

保険適用外の場合は、30万円~35万円くらいで受けることができます。

 

簡単に言いますと、超音波吸引法は、超音波によって汗腺の組織を破壊し、さらにその組織を吸引して除去することによってワキガを改善する治療法です。

 

ワキガの原因となるアポクリン腺やエクリン腺などの汗腺は、皮膚の下約2~3mmの層に集まっているんですね。

 

「超音波吸引法」の治療では、下のような超音波を発する吸引機で組織を破壊し、臭いのもととなる汗腺を吸い取っていきます。

 

 

切開する部分も腋の下の目立たないところに2㎜~4㎜くらいで済みますので、他の治療に比べたら傷跡はかなり小さいと言えます。

 

でもこの超音波吸引法は、「剪除法・皮弁法」のように医師の直視下で行われるわけではないので、汗腺が残ってしまう場合があります。

 

汗腺が残ってしまうと再発のリスクがありますので、超音波吸引法は軽度から中度のワキガ症の方にオススメの方法と言えますね。

 

子供でも受けることができる?

 

いくつかのクリニックの情報からすると、中学生くらい、つまり13歳くらいから受けることができるようですよ。

 

でも先ほどもお話しましたが、子供がワキガ治療を受けても、体の成長に合わせて汗腺がまた成長することがあるようです。

 

ですからうちの病院ではお子さんへのワキガ治療はほとんど行っていません。

 

もしお子さんのワキガ症に手術をお考えなら、そのリスクをしっかり調べて、本当にいますべきなのか、しっかりと答えを探してあげてくださいね!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ちなみにうちの娘は中学1年生で重度のワキガを発症しましたが、

 

・子供の体には負担が大きいこと

・手術以外でも臭いを減らすことができること

 

これらを理由に保留することにしましたよ。

 

そして食事に気を使ったり、デオドラントクリームやデオドラントのボディソープを使用することで、かなり臭いを改善することができました。

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

手術はやはりお子さんの体にはとても負担が大きいものです。

 

それ以外でも臭いをケアする方法はたくさんありますので、まずはそちらから試してみてはいかがでしょうか?

 

≫≫子供が臭い!もしかしてワキガ?できる臭い対策を6つご紹介します

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL