• 【クワドラカット法(PMR法)】ってどんなワキガ治療?子供に受けさせても大丈夫?

【クワドラカット法(PMR法)】ってどんなワキガ治療?子供に受けさせても大丈夫?

 

以前までのワキガの治療法は、ワキをバッサリ(5㎝ほど)と切り、皮膚を裏返して汗腺を切り取る「剪除法」が主流でした。

 

でも現在では見た目の面も重視して、できるだけ傷を残さないような治療がどんどん開発されています。

 

そんな傷の少ない治療法の中でも特に注目されているもののひとつが「クワドラカット法(PMR法)」です。

 

お子さんのワキガ症は治療してあげたいけれど、できるだけ傷は残したくないと思うのが親心ですよね。

 

でも実際のところ「クワドラカット法(PMR法)」はどのくらいの効果が期待できるのでしょうか?

 

そこで、

 

「クワドラカット法(PMR法)とはどんな治療法なのか?」

「副作用や後遺症はあるの?」

「費用はどれくらいかかるのか?」

「子供がやっても大丈夫なの?」

 

などなど、クワドラカット法(PMR法)の気になることをご紹介しますね。

 

「クワドラカット法」と「PMR法」の違いは何?

 

 

「クワドラカット法」は東京女子医科大学第二病院(現在の東医療センター)とスキンクリニックが共同で研究開発した新しいワキガ手術の方法なのです。

そしてスキンクリニックがその後この手術方法に独自の名前をつけたのが「PMR法(Perfect Micro Remove)」なんですね。

 

ですからこの「クワドラカット法」と「PMR法」は同じ治療方法と考えていただいていいと思います。

 

 

「クワドラカット法(PMR法)」ってどんな治療方法?

 

 

「クワドラカット法(PMR法)」は別名を「皮下組織吸引法」と言います。

 

まずワキの目立たない部分を4㎜ほど切開します。

 

 

そこに上の画像のようなカニューレを差し込み、腋の下にある組織を削り、ワキガの原因である汗腺を吸引して取り除く手術です。

 

(※画像的にはかなりインパクトの強いものになりますが、見てみたい方はYahoo!やGoogleで「クワドラカット法」で画像検索をしてみてください)

 

そもそもワキガ臭とは、アポクリン腺から出る汗が皮脂とまざり、それが悪玉菌(臭い菌)によって分解されて悪臭を放つことなんですよね。

 

 

簡単に言いますと、クワドラカット法(PMR法)は、この汗腺を取り除くことによってワキガをもとから治療する方法なのです。

 

クワドラカット法(PMR法)はよく「超音波吸引法」と比較されますが、どちらも直視下で行う治療ではないので、効果は同じくらいといえます。

 

そして破壊された汗腺は機能を停止するため、汗が出てくることが無くなり、臭いを元から絶つことができると考えられています。

 

ですが、医師の直視下で行われる治療ではないので、汗腺の取り残しによる臭いの再発のリスクが高い治療だと言われています

 

 

痛みはないの?

 

クワドラカット法(PMR法)

 

クワドラカット法(PMR法)での治療の前には麻酔注射を行いますので、術中の痛みはあまりないと言われています。

 

でももちろん、カニューレを差し込んで組織を吸引するわけですから、麻酔が切れたら痛みはあります。

 

術後には腫れが出たり、内出血したりして、痛みを感じることがるようです。

 

さらにガーゼ固定期間が10~14日間必要になります。

 

また傷口を縫い合わせた抜糸が約2週間後。

 

それまではシャワーやお風呂につけることはできません。

 

 

クワドラカット法(PMR法)に副作用はないの?

 

 

クワドラカット法(PMR法)は切開での治療になるため、副作用が起こることがあります。

 

ちなみに一般的なクワドラカット法(PMR法)の副作用としましては、

 

腫れ・内出血・感染症・アナフィラキシーショック・血腫・ケロイド形成・色素沈着

 

などの副作用が確認されているようです。

 

いろんな口コミを見てみますと、赤みや傷跡が完全に見えなくなるのに3ヵ月~半年ほど見ておく必要があります。

 

 

再発のリスクはどれくらいあるの?

 

クワドラカット法(PMR法) 副作用

 

クワドラカット法(PMR法)で破壊された汗腺はもとに戻ることはないので、成功すれば半永久的に効果が持続する、と言えます。

 

ただし、それはきちんと肌内部の汗腺が吸引されているときの話で、場合によっては汗腺が残ってしまうこともあります。

 

特にクワドラカット法(PMR法)は剪除法のように目視で行うわけではないため、どうしても汗腺が残ってしまうことが多いようです。

 

その場合は、再発と言いますか、また臭いがしてくることもあるようです。

 

ですから、クワドラカット法(PMR法)は重度の方には向いていないと言えます。

 

クリニックなどのHPを見てみましても、軽度の方にオススメします、とわざわざ記載しているところもありますね。

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

 

クワドラカット法(PMR法)治療の費用はどれくらいかかる?

 

クワドラカット法(PMR法)治療は、病気やケガではありませんので、保険適用外となります。

 

そしてそのお値段はクリニックや施設によって異なりますが、私が調べた中では両脇で30万円~40万円くらいですね。

 

 

クワドラカット法(PMR法)は何歳くらいから受けられるの?

 

クワドラカット法(PMR法) 子供

 

いくつかのクリニックの情報からすると、小学校高学年、つまり11歳くらいから受けることができるようですよ。

 

いろいろ調べてみましても、クワドラカット法(PMR法)をお子さんに施術してくれるクリニックは多いようです。

 

でもこれはうちの病院の皮膚科の医師の話ですが、成長の中途段階の子供の汗腺を破壊しても、また汗腺自体が成長することもあるそうです。

 

それにクワドラカット法(PMR法)は効果が薄いうえに、副作用や体への負担が大きいので、うちではまずお子さんに薦めることはありません。

 

私の場合、娘が中学1年生でワキガを発症しまして、それからいろいろと体臭の悩みを解消する方法を調べていました。

 

その時にもちろんこの「クワドラカット法(PMR法)治療」もとことん調べました。

 

でも、

 

・治療にかかる金額があまりに高いこと

・医師の技量によっては再発もあり得ること

・色素沈着やケロイドなどの副作用の可能性が高いこと

・子供が受けると再発のリスクが大きいこと

 

まず、「無し」と結論付けました。

 

もし、いろいろ試してもダメだった、という方でも、ミラドライなどもっと負担の少ない治療方法をオススメします。

 

 

クワドラカット法(PMR法)治療のまとめ

 

 

では最後に「クワドラカット法(PMR法)治療」のメリットとデメリットをまとめてみますね。

 

クワドラカット法(PMR法)治療のメリット

 

・切開の傷は小さい

・治療の時間が2時間ほどで、日帰りでできる

 

クワドラカット法(PMR法)治療のデメリット

 

・保険適用外

・治療費が高額

・痛みや腫れが2週間以上続くこともある

・汗腺を完全に破壊できていない場合、再発の恐れがある

・副作用が強く出ることがある

 

クワドラカット法(PMR法)は、お子さんが受けるには、なかなか体への負担が大きいうえに、効果も他の治療法に比べてあまり期待できません。

 

ですから選ぶ際には慎重になって、できるだけたくさんのことを調べてあげてくださいね。

 

それに高額でもありますから、失敗(汗腺が破壊しきれていない)することもある、ということを考えると、家庭の事情によってはちょっとリスクが高いですよね?

 

うちの病院では、お子さんのワキガには、ボディソープやデオドラントクリームなどで改善することをオススメしています。

 

まずは自宅でできる臭いケアなどを試してみて、それでもだめなら病院やクリニックでの治療を考える、というステップを看護師の立場からもお勧めします。

 

こちらに、自宅でできる臭いケアの方法をまとめてみましたので、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

≫≫子供が臭い!もしかしてワキガ?できる臭い対策を6つご紹介します

 

お肌の弱いお子さんだからこそ、できるだけお肌に優しい方法を選んであげたいですよね。

 

あなたのお子さんの悩みが早く解消されることを願っています。

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL