子供の耳垢が湿っていても必ずしもワキガのサインではありません!

耳垢

 

よく「耳垢が湿っている人はワキガだ」ということを耳にしますよね?

 

それで自分の子供の耳垢を見てみると湿っていて、ちょっとドキッとしてしまうことあるかもしれません。

 

子供の耳垢が湿っている場合、本当にワキガを疑うべきなのでしょうか?

 

私は総合病院で看護師をしていますので、耳鼻科の先生にそのことについてうかっがうと、「必ずしもそうではない」という答えが返ってきました。

 

子供の耳垢が湿っていても必ずしもワキガのサインではない!

 

臭い 悩み

 

そもそも耳垢は、

 

・外耳道の皮膚にある皮脂腺と耳垢腺からの分泌物
・古い皮膚
・ほこりやちり

 

でできています。

 

つまり耳垢が湿っている、ということは、皮脂腺や耳垢線からの分泌物によって湿っているということになります。

 

そしてワキガ体質の人はこの「皮脂腺」が多い、または分泌物が多いために起こるといわれています。

 

だからと言って、耳垢が湿っていたら必ずしもワキガというわけではありません

 

たとえば遊んでいたりして耳に汗が入る場合もありますし、高い体温のせいで「蒸れ」が起こる場合もあります。

 

またプールやお風呂の時に耳の中に水が入った場合、時間が経ってからも湿った耳垢が出てくることがあります。

 

そこでワキガ体質かどうか見極めるには次のことも併せてチェックしてみてください。

 

 

ワキガ体質かどうかはココをチェック!

 

ワキガ チェック

 

皮膚科の医師に尋ねましたところ、ワキガ体質の方の耳垢の特徴はただ湿っているだけでは判断できないそうです。

 

ただ、「溶けたキャラメルやバターのようにベトベトな状態の場合はワキガの疑いあり」と思った方がいいようです。

 

さらに、ワキガ体質の方は汗でアンダーシャツや白いシャツが黄ばむことが多いようです。

 

ですからお子さんの耳垢がベトっとしていて、衣服の腋や背中の部分が黄色や茶色に汚れるようであればワキガ体質を疑う必要があるかもしれません

 

さらに、

 

・多汗症(特にワキ)である

・両親のどちらかもしくは両方がワキガ体質

 

という場合もワキガ体質である可能性がありますので、チェックしてみてくださいね。

 

ちなみにうちの娘は、全部当てはまっていました。

 

でも耳垢がベトっとしていても、他の症状の可能性もあります。

 

 

最近急に耳垢が湿ったなら中耳炎かも

 

子供 ワキガ体質

 

ワキガ体質の場合は、生まれてからずっと、大人になっても耳垢が湿ったままのことが多いようです。

 

ですからもし、最近いきなり耳垢が湿ってきたような気がする、という場合には、「中耳炎」にかかっている可能性もあります。

 

中耳炎とは、鼓膜と内耳の間にある中耳が、細菌やウイルスの侵入により炎症を起こしている状態のことです。

 

中耳炎にかかると、耳だれと言って、耳の中から黄色い液体が出てくることがあります

 

その場合は痛みを伴うのが通常ですが、伴わないこともありますので、まずは耳鼻科で受診してみることをオススメします。

 

 

外耳道炎の可能性もある

 

また外耳道が炎症を起こした場合も中耳炎と同じように「耳だれ」を起こすことがあります。

 

さらに痛みやかゆみ、膿を伴うこともあります。

 

ほとんどの場合、炎症がおさまれば症状も治まりますが皮膚科で一度見た貰った方がいいでしょう。

 

 

耳掃除で耳の内側を傷つけていることも

 

耳掃除

 

たとえば耳掃除の際に耳の内側を知らず知らずのうちに傷つけていたりすると湿疹ができることがあります。

 

その湿疹から、「滲出液(しんしゅつえき)」という白血球を含むドロッとした体液が出てくることがあります。

 

それが耳垢と混ざるとベトっとした耳垢になってしまうことがあります。

 

 

お子さんがワキガ体質でも慌てないでください!

 

子供 臭い 手術

 

「やっぱりいろいろチェックしてみたけれど、体臭も強いし、うちの子はワキガ体質みたい・・・。」

 

もしそうだったとしても慌てないでくださいね。

 

ワキガ体質でも、体臭が強くても、ニオイのメカニズムを知ってきちんとケアをすれば、しっかりと臭いを抑えることができますよ。

 

ちなみにうちの娘も、殺菌効果のあるボディソープと、制汗・殺菌作用のあるデオドラントクリームで毎日きちんとケアしていますよ^^

 

そのおかげで、以前はかなり臭いが強かったのですが、今ではほとんど気にならなくなりました。

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

しかもうちは夫もワキガ体質で、以前は男性用のデオドラントを使っていたのですが、今では娘と同じ臭いケアに切り替えています。

 

「デオシーク」というボディソープとデオドラントクリームなのですが、以前使っていたものよりニオイが気にならなくなったと喜んでいます。

 

それに加えて、食事で体臭の強さが変わる、ということを知り、食事の内容にも気を付けるようにしています。

 

また臭い菌が服に残らないように、殺菌効果のある洗濯洗剤を使ったり、殺菌・消臭スプレーで靴をこまめに殺菌することも欠かさずにやっています。

 

さらに運動によって汗をかかせることも、ニオイを少なくするのに効果が高いそうですよ。

 

こちらに詳しくまとめていますのでご覧になってみてくださいね。

≫≫子供が臭い!もしかしてワキガ?できる臭い対策を6つご紹介します

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

お子さんの耳垢が湿っているからと言ってそれが必ずしもワキガ体質と言うわけではありません。

 

それに、ワキガ体質だからと言って慌てる必要もないんです。

 

お子さんが臭い体質な、そのケア方法をしっかり調べてあげて、「きちんとケアできるんだ」ということを伝えてあげること。

 

そして一緒に問題を解決していくことこそが、親の役割ではないかと私は思います。

 

もしあなたのお子さんが「臭い」で悩んでいるなら、その悩み、早めに解消してあげてくださいね!

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL