【マイクロ完全摘出法】ってどんな治療なの?子供にも安心して受けられる?

 

お子さんのワキガをどうにかしてあげたい!

 

そう考えていろいろと調べていますと、効果のありそうなもの、リスクの高そうなもの、いろんな治療法が出てきますよね?

 

そんな治療法の中で、傷は小さくて済むのに、剪除法なみに効果が高いといわれている治療法を見つけたんです。

 

それが「マイクロ完全摘出法」という治療法なんですよね。

 

そこでこのページでは、

 

「マイクロ完全摘出法とはどんな治療法なのか?」

「費用はどれくらいかかるのか?」

「保険の適用はあるのか?」

「副作用や後遺症はある?」

「子供がやっても大丈夫なの?」

 

などなど、マイクロ完全摘出法の気になることをご紹介しますね。

 

マイクロ完全摘出法ってどんな治療なの?

 

 

「マイクロ完全摘出法」は湘南美容外科クリニックで行われる治療方法です。

 

ワキガ症の主な原因は、アポクリン汗腺から出る汗と皮脂が混ざったものを悪玉菌(臭い菌)が分解して嫌なニオイを出すんですね。

 

 

ワキガ手術は、この汗腺を除去して汗を抑え、臭いを出さないようにする、というものがほとんどです。

 

例えば「剪除法」はワキを4~5㎝くらい切開して皮膚を裏返し、医師が目で見ながら汗腺を切除していきます。

 

医師が直視で行うため、最も効果が高いですが、いちばん傷跡が大きく残るワキガ手術です。

(※画像的にはかなりインパクトの強いものになりますが、見てみたい方はYahoo!やGoogleで「剪除法」の画像検索をしてみてください)

 

そしてこの「マイクロ完全摘出法」は、いわばこの「剪除法」の応用といえます。

 

先の細いハサミのような特殊な器具を使うので、切開する皮膚は約1~1.5㎝くらいで済むのに、医師の直視下で汗腺を切除できるのです

 

ですから、効果はワキガ治療の中でもトップクラスに高いのに、傷跡はかなり少なくて済む、という治療法なのです。

 

≫≫さらに詳しくは湘南外科クリニックホームページを

 

 

マイクロ完全摘出法に副作用はないの?

 

 

マイクロ完全摘出法治療は、皮膚を切開して皮下組織を切り取る治療法ですので、もちろん副作用はあります

 

湘南美容外科クリニックのホームページにも、

 

だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛、感染(化膿)、血腫、施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれ、傷痕のもり上がり・凹み ・色素沈着、手術部位の毛が少なくなるなどの副作用を生じることがあります。

 

と記載されています。

 

学校や会社は休まなくていい?

 

切開手術を行うのですから、もちろん学校や会社は休まなくちゃいけませんね。

 

湘南美容外科クリニックのホームページにも、2、3日間は通常の生活に支障をきたすので、その間は休んだ方がいい、と書かれています。

 

さらに、「力仕事のある方は1週間ほど休んでいただいた方がいい」とも回答しています。

 

 

効果はどれくらいの期間持続する?

 

マイクロ完全摘出法 副作用

 

マイクロ完全摘出法で破壊された汗腺はもとに戻ることはないので、永久的に効果が持続する、と言われています。

 

ただし、それはきちんと肌内部の汗腺が破壊されているときの話で、場合によっては汗腺が残ってしまうこともあります。

 

そうなるとまた臭いが戻ってきてしまいますが、マイクロ完全摘出法は医師の直視下で行われるため、かなり成功率が高いと言えますね。

 

 

その日からシャワーくらいは浴びれる?

 

湘南美容外科クリニックのホームページには、

 

下半身のシャワーは当日から。

上半身のシャワーは3日後から。

 

と記載されています。

 

切開するのですから、入院はしなくてもいいのかな?と、総合病院の看護師としては思うのですが、どうなんでしょうね?

 

 

保健は適応されるの?治療費用はどれくらいかかる?

 

 

「マイクロ完全摘出法」の「剪除法」との大きな違いは、保健適応されないことです。

 

ですから、湘南美容外科クリニックでの手術費用は税込みで307,350円となっております。

 

「剪除法」が約4万円前後でできるのに比べると、ちょっとお値段が高いですね。

 

しかし湘南美容外科クリニックさんでは、もし臭いが再発した時の保険も用意されているようですよ。

 

≫≫詳しくは湘南外科クリニックホームページを

 

 

マイクロ完全摘出法は何歳くらいから受けられるの?

 

マイクロ完全摘出法 子供

 

マイクロ完全摘出法を子供にも行っているのか、湘南美容外科クリニックのホームページには記載がありません。

 

基本的に「剪除法」は高校生くらいから受けることができますので、マイクロ完全摘出法も高校生、つまり16歳くらいから受けられると考えられますね。

 

でもこれはうちの病院の皮膚科の医師の話ですが、成長の中途段階の子供の皮膚を切開すると、成長とともに「引きつれ」を起こすことがあるようです。

 

また、切開手術のため、多くの副作用が心配されますので、私の意見としましては、成人するまでは待った方がいいのではないかと考えます。

 

子供のワキガ症の場合、成人するくらいで臭いがなくなる場合もあります。

 

さらに、子供のうちに手術をしても、成長過程によってはまた汗腺が成長してしまうこともあると言われているんです。

 

 

マイクロ完全摘出法治療のまとめ

 

では最後に「マイクロ完全摘出法治療」のメリットとデメリットをまとめてみますね。

 

マイクロ完全摘出法治療のメリット

 

・一度やって成功すれば、もう臭いが出ることはない

・医師の直視下で行うので失敗が少ない

 

マイクロ完全摘出法治療のデメリット

 

・保険適用外

・治療費が高額

・痛みや腫れが2週間以上続くこともある

・傷跡がしっかり残ってしまうこともある

 

もう成人していて、これまで何をやっても効果が無かった、という方には、「マイクロ完全摘出法治療」はかなり効果の期待できる治療法だと思います。

 

でも子供の体には、正直に言って、かなり負担の大きな治療ではあります。

 

ですから選ぶ際には慎重になって、できるだけたくさんのことを調べていただきたいと思います。

 

体臭やワキガ臭は、ボディソープやデオドラントクリームなどでもかなり改善することができますよ。

 

うちの娘はやや重度のワキガ症ですが、それでかなり臭いをケアすることができています。

 

まずは自宅でできる臭いケアなどを試してみて、それでもだめなら病院やクリニックでの治療を考える、というステップを看護師の立場からもお勧めします。

 

こちらに、自宅でできる臭いケアの方法をまとめてみましたので、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

お子さんは、まだ成長途中で、肌も弱いですから、できるだけ負担の少ない解決方法を見つけてあげたいですよね。

 

だとしたら、ぜひあなたのお子さんにとっての最善の方法を見つけてあげてくださいね!

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL