ワキガの【レーザー治療】ってどんな治療?効果はあるの?

 

子供のワキガやスソワキガをどうにかしてあげたいけれど、できれば体を傷つけたくない!

 

親としては当然そう考えると思いますし、私もそう考えてたくさんの治療方法を調べました。

 

そして調べていく中で、よく「レーザー治療」という言葉を見かけますよね?

 

確かにレーザー治療ですと、お肌に傷をつけることなくワキガや体臭の改善が期待できますのでお子さんの負担は少ないと言えます。

 

でも、メスを入れずにレーザーを当てるだけで、本当にワキガを改善することができるのでしょうか?

 

レーザー治療ってどんな治療なの?

 

 

ワキガやスソワキガの原因は、皮下にあるアポクリン汗腺から出るたんぱく質や脂質を含んだ汗を肌にいる雑菌が食べることによって臭いが放出されることにあるのです。

 

そしてこの臭いのもとになるアポクリン汗腺とエクリン線は、皮膚の下約2㎜~3㎜くらいのところにあるのです。

 

レーザー治療は、この汗腺をレーザーによって焼却し、その活動を停止させることによって臭いを防ぐ治療です。

 

 

同じようにメスを使わない治療法としてよく「ミラドライ」が比較されます。

 

ミラドライの治療では、汗腺に対してマイクロ波を照射することによって汗腺を破壊するもので、かなり近い治療と言えます。

 

ただしレーザー治療もミラドライも、「剪除法」のように医師の直視で治療するわけではないので、完全な治療とは言えません。

 

ですから、汗腺が残ってしまうことがあり、再発するリスクが高いと言えるようです。

 

ですから、ワキガのレーザー治療は、比較的軽度の方にオススメの治療法と言えますね。

 

 

レーザー治療の施術は1回にどれくらいの時間がかかる?

 

レーザー治療 時間

 

施術にかかる時間をお伝えする前に、まずはレーザー治療の治療の流れをご紹介しますね。

 

1、照射部位と麻酔位置のマーキング(10分ほど)

2、麻酔(待ち時間を含めて15分ほど)

3、レーザーの照射(脇の場合は片方20分ほど)

 

レーザー治療はこのような流れで進んでいきます。

 

次の工程への待ち時間を考えても、全体で1時間ほどで終わる施術ということができますね。

 

 

痛みはないの?

 

レーザー治療

 

レーザー治療での治療の前には麻酔注射を行いますので、術中の痛みはほとんどありません。

 

さらに術後のダメージから普段の状態まで戻るための期間を示すダウンタイムも、レーザー治療の場合ありません。

 

レーザー治療の最大のメリットは、他の治療に比べて、

 

●固定や圧迫の必要が無いこと
●ダウンタイムがないためその日から入浴や運動ができること

 

だと言えます。

 

術後にも目に見えるほどの治療のあとは残りません。

 

ただし、術後すぐには腫れや赤みが出たり、痛みを感じることもあるようです。

 

 

レーザー治療のデメリットとは?

 

 

デメリットと言えるかわかりませんが、レーザー治療の場合、1回でしっかりと効果を出すことは難しいと言えます。

 

クリニックなどの案内を見てみましても、軽度の人で3~5回、重度方ですと8~10回のレーザー治療が必要になります。

 

そして治療期間には約2週間程度空ける必要があり、最短でも2ヵ月以上の治療が必要になります。

「参考:スキンクリニックHP」

 

 

効果はどれくらいの期間持続する?

 

レーザー治療 副作用

 

レーザー治療で焼却された汗腺はもとに戻ることはないので、きちんと治療ができれば効果はずっと続きます。

 

ただし、それはきちんと肌内部の汗腺が焼却されているときの話で、直視でないれ^ざーち量の場合、汗腺が残ってしまうこともあります。

 

その場合は、再発などのリスクが伴います。

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

 

レーザー治療の費用はどれくらいかかる?

 

レーザー治療治療は、病気やケガではありませんので、保険適用外となります。

 

クリニックによって異なりますが、1回のレーザー治療でだいたい4~6万円くらいが相場のようですね。

 

ちなみに私が拝見したスキンクリニックさんの治療費は、

 

・子供のわきがレーザー治療1回/60,000円(税別)
・子供のわきがレーザー治療3回セット/165,000円(税別)
・子供のわきがレーザー治療6回セット/300,000円(税別)

「参考:スキンクリニックHP」

 

このようになっていました。

 

副作用が少なく、ダウンタイムもないに近いので、お子さんにはとても良い治療法だと思いますが、再発のリスクが高いことを考慮しますと、ちょっと高いな、と私なんかは思ってしまいますがどうでしょうか?

 

 

子供にも受けさせて大丈夫?

 

レーザー治療 子供

 

レーザー治療は、メスを入れる手術やボトックス注射などに比べるとお子さんの体にも負担が少ないですよね。

 

それに、クリニックでは小学生のお子さんからレーザーでの治療を行っているようです。

 

「これまでいろんなワキガケアを試してみたけどダメだった」

「それに子供だからメスを使う治療はしたくない」

 

という場合には、とても良い選択しと言えるかもしれませんね。

 

私の場合、娘が中学1年生でワキガを発症し、なんとか治療できないかと調べているときにこの「レーザー治療治療」のこともかなり調べて、「悪くない」とは思いました。

 

でも、

 

・症例数がまだ少ないこと

・治療にかかる金額があまりに高いこと

・再発のリスクが高いこと

・やけどや黒ずみなどの副作用が絶対にないとは言えないこと

 

これらを考えると、手術ほどではないにしろ、やっぱり【最終手段の一つ】という印象です。

 

でも、これまで何をやってもあまり効果が無かった、という場合にはかなり安全の高い治療法だと思います。

 

 

レーザー治療のまとめ

 

 

では最後に「レーザー治療治療」のメリットとデメリットをまとめてみますね。

 

レーザー治療のメリット

 

・メスを使わないので体に傷がつかない

・一度やって成功すれば、もう臭いが出ることはない

・治療の時間が1時間ほどで、入浴や運動の制限もない

・痛みや副作用も少ない

 

レーザー治療のデメリット

 

・保険適用外

・治療費が高額

・汗腺を完全に破壊できていない場合、再発の恐れがある

・治療に長い時間がかかる

 

レーザー治療は、確かに手術に比べればお子さんには受けさせやすい治療かもしれません。

 

でもまだ確立しきれていない治療だとも思いますし、何度も治療を繰り返すので、負担にもなります。

 

それに高額でもありますから、失敗することもある、ということを考えると、家庭の事情によってはちょっとリスクが高いですよね?

 

うちではそうしましたが、ワキガ臭はボディソープやデオドラントクリームなどでもかなり改善することができますよ。

 

まずは自宅でできる臭いケアなどを試してみてください。

 

それでも効果が無かった場合に、病院やクリニックでの治療を考える、というステップを看護師の立場からもお勧めします。

 

こちらに、自宅でできる臭いケアの方法をまとめてみましたので、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

≫≫子供が臭い!もしかしてワキガ?できる臭い対策を6つご紹介します

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL