【子供の足の臭い】が気になったらワキガも疑うべき?

子供 足の臭い

 

私の娘(当時中学1年生)の体臭で、まず気になりだしたのは【足の臭い】からでした。

 

娘は小学生のころからバレーボールをやっていたのですが、足の臭いが気になったのはその頃が初めてでした。

 

夫がワキガ体質なこともあり、娘にも「ひょっとしたら遺伝・発症することもあるかも」と思っていたのでなんとなく気を付けてはいたんですね。

 

でも靴や靴下が臭うからと言って、それが直接ワキガ体質につながるのか、というのはどうやら難しい問題なのです。

 

【子供の足の臭い】が気になったらワキガも疑うべき?

 

足の臭い ワキガ

 

私が調べた結果によりますと、

 

・足の臭いとワキガは原因が異なる

・でも臭い発生のメカニズムはどちらもほぼ同じ

 

ということが言えます。

 

足と腋の決定的な違いは、アポクリン汗腺の有無なのです。

 

つまり、よくワキガ臭の原因と言われるアポクリン汗腺が腋にはあるけれど、足の裏にはない、ということなのです。

 

でもいろんな書籍やネットの情報を読み、私が至った結論は、「必ずしも関連はないが、足臭が強いのであれば、ワキガを疑う必要はある」ということです。

 

そこでまずは、それぞれの臭いの原因をお話します。

 

ワキガの原因とは?

 

ワキガ 原因
ワキガ 原因

 

一般にワキガ臭の原因は、毛穴にあるアポクリン線に含まれる皮脂やたんぱく質と、体の常在菌であるジフテロイド菌や黄色ブドウ球菌が結合して起こるのです。

 

だからこそワキガ手術ではこのアポクリン線を除去するのです。

 

ところが、以前私が手術室で働いていた時に医師に聞かされたのは、

 

「アポクリン線を除去しても、行き場を失った皮脂やたんぱく質が別の部分から出てくるから、手術しても別の部分から臭ってきてしまう」

 

ということだったのです。

 

足臭の原因とは?

 

子供 足臭

 

「足の臭いは汗の臭い」と思っている方は多いと思うのですが、実は足の裏には臭いの原因となるアポクリン線はありません。

 

足の裏にある汗腺は「エクリン腺」だけで、この汗腺は体温調節に使われれる汗腺なのでの無色無臭なのです。

 

だから足の臭いとワキガ臭は関係が無い、と言う方も多いようですが、話はそれほど単純ではありません。

 

だって、事実、足が臭っているわけですからね。

 

なぜ臭うのかと言いますと足の臭いの原因も、結局はワキガと同じで、体の常在菌であるジフテロイド菌や黄色ブドウ球菌が原因になっているからなのです。

 

しかも足には皮脂や皮膚の角質、爪の汚れなどニオイ菌(悪玉菌)の喜ぶエサがいっぱいなのです。

 

しかも靴や靴下を履いた足は、腋と同じで、温度15℃以上で、湿度70%以上の菌がもっとも繁殖しやすい環境にあるのです。

 

それに足の裏にはアポクリン線はなくとも、指や足の甲には存在するわけですから、ワキガと足の臭いの原因はほぼ同じ、

 

「汗と汚れと菌フローラにある」

 

ということが言えるのです。

 

まとめ

 

これらのことから、

 

「足が臭ってもワキガとは言えないけれど、ワキガの子供の足はほぼ間違いなく臭う」

 

ということが言えます。

 

つまり、足が臭うだけでワキガ体質とは言えませんが、ワキガ体質を疑う必要はある、と言えるのです。

 

ですから、親のどちらかがワキガ体質で、子供の足が最近臭ってきたなぁ、と思ったら、早めの臭い対策を取ることをオススメします!

 

 

ワキガの臭いケア方法

 

ワキガ 対策

 

子供であっても、大人であっても、体臭やワキガの臭いが強い場合、手術という手段を考えない場合には、

 

「制汗+殺菌」

 

がもっとも効果の高いケア方法になると言えます。

 

それに子供がワキガ手術をした場合、未発達だったアポクリン線が再発達することによって、かなり高確率で再発すると言われています。

 

ですから自宅での臭いケアをすることになりますが、セルフケアでも殺菌・消臭・制汗作用のあるニオイケアアイテムを使うことで、かなり臭いを防ぐことができます

 

ただし、臭いが軽度の場合はいいですが、重度の場合は市販品ではあまりその効果は実感できないと考えた方がいいかもしれません。

 

私の娘の場合、やや重度だと思ったので医薬部外品の「デオシーク」を使うことにしました。

 

デオシーク

 

殺菌&消臭&制汗作用のあるボディソープとデオドラントクリームを併用することで、ほとんど臭いを感じないまでになりましたよ

 

ただ、お子さんの臭いケアアイテムを選ぶ場合は、肌に負担の大きい成分が入っていないか、必ずチェックしてくださいね。

 

制汗・消臭のスプレーなどは、実はかなりお肌への負担が大きいものが多いものなのです。

 

なお「デオシーク」は事前に調べた結果、肌に負担の大きいパラペンや紫外線吸収剤、酸化防止剤など7項目の添加物が排除されていました。

 

さらに美容成分まで配合されていたので、子供のお肌にも問題ないと判断して決定しましたよ(*^^)

 

デオシーク 無添加

 

≫≫デオシーク公式サイトはこちらから

 

洗濯には除菌洗剤を

 

洗濯

 

衣服に着いた臭いも雑菌のしわざなのです。

 

ですから、通常の洗剤で選択しても、なかなか臭いを取ることができません。

 

ですから、家族にワキガ体質の方がいる場合には、必ず殺菌作用のある洗剤を使うことをオススメします。

 

うちは夫もワキガ体質なので、ずっと殺菌成分を配合した洗剤を使っています(最近のお気に入りは「ア〇エール」です(^^))

 

また、ワキガ体質の方はシャツなどの腋や胸の部分が黄色く変色してしまうことがありますよね。

 

その場合は、漂白剤で綺麗に取れますので試してみてくださいね。

 

 

足の臭いケア方法

 

足 臭いケア

 

足の臭いも、メカニズム的にはワキガとほとんど同じ、とはいえ、ケアの方法はちょっと変わってきます。

 

それに、単純に、お風呂でただ石鹸やボディソープで洗うだけでは、足の臭いをしっかり取ることはできません。

 

腋の臭いと同じように、殺菌消臭成分のある石鹸やボディソープなどで足のニオイ菌を殺菌し、良い菌を育てるケアをする必要があります

 

さらに日中も、デオドラントクリームなどで制汗&殺菌を行うことでかなり臭いを抑えることができますよ。

 

でも足の臭いの場合、肌の殺菌をしたり、清潔に保つだけでは消すことは難しいのです。

 

雑菌のエサ(角質・皮脂)を取り除く

 

足 臭い

 

足や指の間、かかとに付着している古くなった足の角質、それに皮脂の汚れや脂は雑菌のエサになり、臭いの原因になります。

 

特に子供の場合、代謝がとても活発ですので、特に臭いの原因が足の皮膚から発生しやすいのです。

 

ですから「菌が増えにくい環境を作る」ことも足臭ケアには大切なことなのです。

 

そこで古い角質が蓄積している場合には、

 

・ピーリングをしてあげる

・「かかと磨き」などで優しく皮脂や角質を取り除く

 

などのケアをして、できるだけ綺麗な環境を保ってくださいね。

 

足に触れるものをしっかり除菌する

 

普段使用している靴や靴下には、臭いの原因になる雑菌がたっぷり付着しています。

 

いくら足を綺麗にしても、そこから菌が移ってしまっては意味がありませんよね?

 

ですから、

 

・靴下の洗濯には、必ず除菌洗剤を使う

・靴を使ったら必ず除菌・消臭スプレーでケアする

・できれば除菌作用のある中敷きを敷く

 

など、足に触れるもののケアもしっかり行ってくださいね。

 

あまり続けて同じ靴を履くのも、臭いが浸み込んでしまいますので、できれば通学用の靴や部活のシューズも複数揃えておくといいですね。

 

1日ごとに交換しながら履くことで、かなり臭いを防ぐことができますよ。

 

 

いかがでしたか?

 

ある統計では、最もいじめを誘発する要素として、

 

●外見的な不潔さやだらしなさ

●臭いやしゃべり方

●障害を抱えている、協調性に欠けている

 

これらが挙げられています。

 

実際にうちの娘は【臭い】のせいで、「部活に来るな」と言われたり、クラスの友達に避けられるなどの「いじめ」を受けていました。

 

≫≫臭いが気になりだしたときには娘はすでに【いじめ】を受けていました

 

あなたのお子さんがいじめのターゲットにならないようにするためにも、きちんと「臭い」をコントロールし、ケアしてあげてくださいね。

 

あなたのお子さんに笑顔が戻ることを祈っています。

 

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL