子供でも【すそわきが】を発症することがある⁉気になったらココをチェック

子供 すそわきが

 

お子さんが女の子で、しかも体臭が強いとしたら、やっぱり「すそわきがもあるんじゃないか」って心配してしまいますよね?

 

でも本当に子供でも【すそわきが】を発症することがあるのでしょうか?

 

そしてそもそも「すそわきが」とはどんなものなのでしょう?

 

そもそも【すそわきが】って?

 

すそわきが

 

「すそわきが」は、本当の名前を「外陰部臭症」と言います。

 

実は「すそわきが」も「ワキガ」も臭ってしまうメカニズムはほとんど同じなんですね。

 

毛穴の中にあるアポクリン汗腺に含まれる脂質やたんぱく質を、お肌にいる「臭い菌」が食べて嫌なニオイを発するのです。

 

ワキガ 原因

ワキガ 原因

 

ですから、腋や陰部のように多くの体毛が生える部分で臭いが発生しやすくなってしまうのです。

 

またさらにアポクリン腺は乳輪周りや背中、首筋や背中などにもあるので同じようにニオイを発する可能性があります。

 

 

陰部が臭うからと言って必ずしもスソワキガではない!

 

とはいえ、陰部が臭うからと言って、必ずしも「すそわきが」というわけではりません。

 

生理やおりもの、膣内のニオイなどの可能性もあります。

 

さらに、ストレスや妊娠・出産によって女性ホルモンが影響を受け、ニオイの出やすい体質になってしまうこともあります。

 

一般に「すそわきが」のニオイは、【ツンとくる納豆のようなニオイ】と言われています。

 

 

子供でもすそわきがになることはあるの?

 

すそわきが

 

「すそわきが」と「ワキガ」はほとんど同じものだと先ほどお話しました。

 

ということは、ワキガ症を発症した場合、同時に「すそわきが」も発症すると考えられます。

 

子供のワキガ発症の時期にはさまざまな説があって、一概に「何歳ごろ」ということはできません。

 

一般には男性は18歳くらい、女性は16歳くらいで発症するといわれています。

 

ところが小学生で発症する子もいますし、現に私の娘は13歳で発症しました。

 

つまり【すそわきが】も、それくらいの年齢から発症するといえるのです。

≫≫臭いが気になりだしたときには娘はすでに【いじめ】を受けていました

 

 

すそわきがのチェックポイントって?

 

スソワキガ チェック

 

もしお子さんが「臭う」と感じる場合でも、すそわきがの場合は確かにちょっとチェックがしにくいかもしれませんね?

 

でも、「気を付けてみておく」くらいでもいいので、次の5項目をチェックしてみてください。

 

1.耳垢がネバっとしている
2.下着が黄ばむ
3.ワキ毛が多い
4.両親のどちらか、もしくは両方がワキガ
5.多汗症である

 

あなたのお子さんはどらくらいあてはまりますか?

 

2つ以上あてはまれば、すそわきがやワキガ体質である可能性があるといえます。

 

ちなみにうちの子は3以外は全て当てはまりました。

 

でも「すそわきが」は、とってもデリケートな部分ですので、なかなか確認したり、本人に聞いてみたりすることがなかなか難しいですよね?

 

ですからこっそりお子さんの下着を嗅いでみる、などしてみるのがいちばん分かりやすい方法かもしれませんね。

 

 

「すそわきが」の対処法はこの5つ!

 

すそわきが 対処法

 

もしお子さんが「すそわきが」かな?と思ったら、まずは自宅でできる対策がたくさんあります。

 

そしてそれらをしっかり行うことで、かなり臭いを抑えることができますので試してみてくださいね!

 

 

食事を見直す

 

消臭効果

 

スソワキガの原因となる悪玉菌(臭い菌)は、実は酸化した油や脂質がとっても大好物なのです。

 

そして逆に悪玉菌(臭い菌)は野菜などに含まれるアルカリ性の成分が苦手なのです。

 

つまり普段からお肉や揚げ物などの食事が多く、あまり野菜などを食べないという方は体臭が強くなりやすいんですね。

 

でもいきなり「お肉や揚げ物をやめる」というのはかわいそうですから、せめて食事に野菜を多めに取り入れるようにするといいですね。

 

体臭の予防に効果を発揮する食品としましては、

 

・梅干しや海藻類や緑色野菜、キノコや大豆製品の「アルカリ性食品」

・緑黄色野菜や果物などの「抗酸化食品」や「ポリフェノール類」

・腸を健全化する「ビフィズス菌」「オリゴ糖」「水溶性食物繊維」

 

などがあげられます。

 

臭いは食事から始まっていますから、これらの食材を多く取り入れるようにして、臭いにくい体質を作ってあげてくださいね。

 

≫≫食事で体臭が強くなる⁉臭いを減らす献立で子供をいじめからガード!

 

 

衣類や下着などをこまめに殺菌する

 

衣服 消臭

 

いくら洗濯しても、菌は残ってしまうもの。

 

せっかく臭いにくい体を作っても、下着の方に臭い菌が残っていたらまた強いニオイを発生させてしまいます。

 

そこで、

 

・洗濯洗剤には殺菌作用のあるものを使う

・白い衣類には漂白剤を使う

・殺菌作用のある消臭スプレーで下着類を殺菌する

 

これらのことをこまめに行うだけで、かなり「臭い」をケアすることができますよ。

 

 

こまめに汗や臭いの元を拭きとる

 

汗拭きシート

 

汗をかいたりした陰部をそのままにしておくと、乾燥してさらに臭いが強くなってしまいます。

 

ですからできればトイレなどで汗拭きシートやウェットティッシュなどで陰部をこまめに拭くようにするといいですね。

 

これだけでも、かなり臭いは軽減できますよ^^

 

もしお子さんに陰部を拭くように言いにくい場合は、「実は女性のアソコは臭いやすいから、みんなやってるのよ」と言ってシートを渡してあげるといいですね。

 

「みんなやってる」と聞くと、女の子は気になるものですからね。

 

 

殺菌作用のあるボディソープや石鹸を使う

 

 

実は陰部から嫌な臭いを出すのは汗そのものではなく実は常にお肌にいる「常在菌」のせいなのです。

 

そして常在菌には「悪玉菌」と「善玉菌」がいて、悪玉菌の方が多いと臭いが出やすくなってしまう、ともいえるのです。

 

そんなお肌の悪玉菌を減らし、善玉菌を育てるためには、普段からこまめに悪玉菌を殺菌する必要があるんです。

 

とはいえデリケートゾーンに使用するものですから、しっかりと効果があってもお肌に優しい成分で作られたものでなくてはなりません。

 

うちで使っているボディソープ「デオシーク」は無添加処方なのに医薬部外品で効果が高いので、デリケートゾーンの臭いケアにはぴったりですよ。

 

≫≫デオシークの公式サイトはこちら

 

 

デオドラントクリームで長時間殺菌

 

デオシーク クリーム

 

正直、臭いが強い人の体臭は、市販のデオドラントスプレーなどでは、ほとんど臭いを消すことはできません。

 

うちは娘だけでなく、夫もワキガ体質なのでよくわかります。

 

中度から重度のワキガ体質の場合、「殺菌作用」のあるデオドラント、しかもクリームやジェルなどの密着タイプでなければ、正直あまり意味がありません。

 

うちの娘は殺菌効果の高いデオシークのデオドラントクリームを、普段は1日に2回、汗が多いときは3回、こまめに塗るようにしています。

 

ボディソープとデオドラントクリームの併用で、ほとんど臭いが気にならないレベルですよ^^

 

デオシークのデオドラントクリームは、すそわきがにとても相性のいい『ジャムウ』を配合していてお肌にも優しいので、お子さんでも安心して使えますよ。

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

 

いかがでしたか?

 

女の子なのに臭いがあるってとってもかわいそうですよね?

 

でもすそわきがって、本人は気が付かないことの方が多いんですよね。

 

でもあなたが気になるということは、周りの友達などもお子さんの臭いに気が付いている、ということです。

 

「臭い」は最もいじめにつながりやすい、という統計もあります。

 

ぜひあなたもお子さんのためにできること、しっかりとしてあげてくださいね。

 

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL