「子供の足が臭う」と感じたらやるべき4つのこと

子供の足が臭い

 

別に両親ともワキガ体質ではないし、子供だって特に体臭は強い方じゃない。

 

「なのになんで足がこんなに臭いの⁉」

 

とい思っている親御さんは多いようです。

 

ちなみに、私の娘はワキガ体質で、足もやはり同じように臭いました。

 

そもそも足にはワキガの原因と言われるアポクリン線が存在しないので、「足臭はワキガ臭とは別物」と言われているようです。

 

でも臭いがするのですから(しかもかなり強く)、なにか原因があるはずです。

 

そこで「お子さんの足が臭い」と思ったらチェックするべき4つの項目と、その解消法をご紹介します。

 

子供の足臭の原因とは?

 

子供 足臭

 

たとえばワキガなどの体臭の場合は、「アポクリン線から出る汗に含まれる脂質やたんぱく質を「臭い菌」が食べて臭いを発する」のです。

 

でも実は足の裏にある汗腺は汗に脂質やたんぱく質を含まない「エクリン腺」だけで、この汗腺は体温調節に使われれる汗腺なのでの無色無臭なのです。

 

「だったら脚は臭わないんじゃないの?」と思ってしまいますよね?

 

でも事実、足が臭っているのですから、別のメカニズムがあるはずですね。

 

実は足の臭いは、皮脂や皮膚の角質、爪や足の汚れを「臭い菌」が食べて発しているのです。

 

しかも靴や靴下を履いた足は、ワキと同じで、温度15℃以上で、湿度70%以上という臭い菌がいちばん繁殖しやすい環境になっているのです。

 

つまり足の臭いはワキガ手術のようにアポクリン線からの汗をケアすれば改善する、というものではないのです。

 

でも靴や靴下は履かなくちゃいけないので、温度を下げる、ということは現実的に難しいですよね?

 

ですからお子さんの足の臭いを改善するには、「臭い菌」と「汗の量」をコントロールすることが重要なのです。

 

 

「子供の足が臭う」と感じたらやるべき4つのこと

 

子供がちゃんと足を洗っているかチェックする

 

足 臭いケア

 

私には二人の子供がいますが、小学6年生の下の男の子は、やたら足が臭うので、チェックしてみたら、かなりぞんざいにしかお風呂で足を洗っていませんでした。

 

その理由は、体を洗うタオルで足を洗いたくないから、というものでした。

 

「手で洗えばいいじゃない」というと、手では洗いたくない、とよくわからないことをいうので、フットブラシを買ってきたら喜んで使っています。

 

雑菌のエサ(角質・皮脂)を取り除く

 

足 臭い

 

足の洗い方をチェックして、それでも臭いが残る場合は、足の角質などをケアする必要があるかもしれません。

 

足や指の間、かかとに付着している古くなった足の角質、それに皮脂の汚れや脂は雑菌のエサになり、臭いの元になってしまうからです。

 

足の角質や頑固にこびりついた皮脂、古い皮膚はただ洗浄するだけではなかなか落ちませんので

 

・ピーリング剤などで古い皮膚を取る

・「かかと磨き」などで優しく角質を取り除く

 

などのケアをしてあげると、さらに臭いの元を改善することができます。

 

足の臭いをなくすためには、良い足環境を保つことが大切ですから、継続してチェックしてあげてくださいね。

 

足に触れるものをしっかり殺菌する

 

普段使用している靴や靴下には、臭い菌が足から移って、たくさん繁殖しています。

 

それに普通に洗濯するだけでは完全に殺菌することは難しいといえます。

 

いくら足を綺麗にしても、そこから菌が移ってしまってまた臭いを発してしまいます。

 

ですから、

 

・靴下の洗濯には、必ず殺菌効果のある洗剤を使う

・靴を使ったら必ず殺菌効果のある消臭スプレーでケアする

・できれば殺菌作用のある中敷きを敷く

 

など、足に触れるもののケアもしっかり行ってくださいね。

 

あまり続けて同じ靴を履くのも、バクテリアの形成を招きますので、できれば通学用の靴や部活のシューズも複数揃えておくことをお勧めします。

 

1日~2日ごとに交換しながら履くことで、かなり臭いを防ぐことができますよ。

 

 

殺菌・制汗効果のあるデオドラントクリームやボディソープを使う

 

デオシーク

 

それでもやっぱり臭いが気になってしまう場合は、殺菌・制汗作用のあるデオドラントクリームを使うことをオススメします。

 

デオドラントスプレーや制汗スプレーだけでは、足の臭いの大きな原因である「臭い菌」を殺菌できないので、あまり意味がありません。

 

「制汗」に加えて「殺菌」をしてくれるものを選んだ方がいいですね。

 

うちではワキガ体質で足の臭いも出やすい娘のために、上の写真の「デオシーク」を使わせています。

 

クリームは99.999%の殺菌力と持続力があり、制汗作用のあるフェノールスルホン塩酸も入っているので、長時間足の臭いを防いでくれます。

 

またうちでは、毎日のお風呂の時間も臭いケアの時間にできるように、ボディソープも臭い菌の殺菌作用があるデオシークにしています。

 

毎日洗い続けることで悪玉菌(臭い菌)を減らし、善玉菌を優位にしてくれるので、ワキガ体質の娘も夫も、今ではほとんど臭いが気にならなくなりましたよ^^

 

数あるデオドラントの中でもデオシークを選んだ理由は、肌に負担の大きいパラペンや紫外線吸収剤、酸化防止剤など7項目の添加物が排除されていたからです。

 

デオシーク 無添加

 

お子さんに使うものならなおさら、成分にはしっかりこだわりたいですものね!

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

 

いかがでしたか?

 

たかが臭い、されど臭い。

 

子供はストレートになんでも口に出すので、「臭い」はすぐにいじめにつながってしまう項目だと思います。

 

実際に私の娘も臭いのせいで、いつの間にか【いじめ】に遭っていました。

 

私の「きっと大丈夫だろう」という甘い考えのせいで、娘に一生消えない傷を作ってしまったこと、本当に悔しく思います。

 

あなたもお子さんにそんな気持ちを味わわせないためにも、お子さんの「臭い」が気になったら、ぜひすぐに対処してあげてくださいね。

 

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL