ワキガの【切らない治療法】を料金とともにご紹介します!

 

お子さんがワキガ体質だったり、体臭が強い場合でも、私は看護師という観点からもまずは自宅でできるケア方法をまずは試していただきたいです。

 

ワキガの治療はお子さんの体には負担が大きいですし、副作用の心配もあります。

 

でも、もしデオドラント剤などをいくら試してみても、あまり効果が感じられないという場合には、やはり次の段階として、病院やクリニックの治療も視野に入れる必要があります。

 

でもそんなワキガ治療の中にもメスを使って切開するものと、メスを使わない切らない治療というものがあります。

 

大事なお子さんの体ですから、できれば「切らない方向」で考えたいものですよね?

 

そこでここでは、メスを使わない「切らないワキガ治療」にはどんなものがあるのか、ご紹介いたしますね。

 

ワキガ手術ってどんなことをするの?

 

ワキガ治療を詳しく見ていく前に、まず「ワキガ手術」や「ワキガ治療」の考え方を簡単にご説明しますね。

 

ワキガ臭や体臭は、アポクリン汗線から出る脂質やたんぱく質が皮膚の雑菌と結合して臭いを発することが原因なんです。

 

ワキガ 原因

ワキガ 原因

 

ワキガ体質の改善には、いろんなアプローチのしかたがあります。

 

・汗そのものを抑える

・汗が出ないように汗腺を切除する

・汗の資質やたんぱく質を減らす(食事の改善や運動)

・菌が発生しないように清潔に保つ

 

などがそれにあたります。

 

そして「ワキガ治療」というもののほとんどは、「汗腺を除去、もしくは無効化する」というアプローチをします。

 

手術となるともちろん病院で行いますが、どこに相談するかと言いますと、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科ということになります。

 

 

切らないワキガの治療法にはどんなものがあるの?

 

 

それでは早速、メスを使わない「ワキガの切らない治療法」をご紹介しますね。

 

そしてそれぞれ、保険が適用されるのか、どれくらいのリスクがあるのか、さらに費用についてもご紹介しますね。

 

ボトックス注射(ボツリヌス療法)

 

ボトックス

 

保険適用:無

費用(一回):4万円~8万円 

 

「切らないワキガ治療」でいろいろ調べてみると、よく目にするものの一つがこの「ボトックス注射」ですよね。

 

ボトックス治療は正式名称を「ボツリヌス療法」と言います。

 

このボトックス治療(ボツリヌス療法)はボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質から精製された薬をワキの皮下に注射によって投与する治療法です。

 

この薬には交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックして、発汗を抑える効果があるのです。

 

つまりワキガや体臭、すそわきがなどの原因と言われているアポクリン汗腺の発汗を抑制することで臭いを抑えることができる、というわけなのですね。

 

ワキガや体臭だけでなく、多汗症の治療にも行われることがあるようですよ。

 

※ボトックス治療に使われる「BOTOX(ボトックス)」は、ボツリヌス菌が生み出す毒素を精製した薬剤の商品名です。

「BOTOX」は、米国アラガン社の登録商標です。

 

保険適用はなく、1回の注射に両脇で4万円~8万円の費用が掛かります。

 

効果は3ヵ月~9か月と言われていて、効果が無くなったらまた注射での治療を行います。

 

≫≫ボトックス注射をさらに詳しく見るならこちら

 

 

ミラドライ

 

ミラドライ

 

保険適用:無

費用:30~40万円 

 

「ミラドライ」も切らないワキガ手術としてとても注目されている治療法の一つですね。

 

ミラドライの治療では、皮下の汗腺のある層にマイクロ波を照射することによって汗腺を破壊します

 

破壊された汗腺は機能を停止するため、汗が出てくることが無くなり、臭いを元から絶つことができると考えられています。

 

ミラドライ

 

先ほどの「ボトックス注射」では神経伝達を麻痺させて汗を止めるので、効果は3ヵ月~9か月ほどと言われています。

 

しかしミラドライは汗腺を破壊するので、一度施術し成功すると、ほとんど永久的に効果を発揮します。

 

ちなみにミラドライは汗腺を破壊する治療ですので、ワキガの方だけでなく、多汗症の方の治療にも使われているようですよ。

 

またワキガが中程度~重度の方にも高い効果を実感できる治療です。

 

ミラドライはメスを使わない治療ですので傷は残りませんが、術後には腫れが出たり、内出血したりして、痛みを感じることがるようです。

 

(※画像的にはインパクトの強いものになりますが、術後の腫れなどを見てみたい方はYahoo!やGoogleで「ミラドライ」で画像検索をしてみてください)

 

≫≫ミラドライをさらに詳しく見るならこちら

 

 

レーザー治療

 

 

保険適用:無

費用:30~40万円

 

切らないワキガ治療の中でも、お値段が比較的安いのがこの「レーザー治療」ですね。

 

レーザー治療は、汗腺をレーザーによって焼却し、その活動を停止させることによって臭いを防ぐ治療です。

 

 

同じようにメスを使わない治療法としてよく比較されるのが「ミラドライ」です。

 

ミラドライの治療では、汗腺に対してマイクロ波を照射することによって汗腺を破壊するもので、かなり近い治療と言えますね。

 

でもレーザー治療の場合、軽度の人で3~5回、重度方ですと8~10回のレーザー治療を受ける必要があります。

 

そして治療期間には約2週間程度空ける必要があるので、最短でも2ヵ月以上の治療が必要になります。

 

それにレーザーでは汗腺を完全に焼却することが難しいので、比較的軽度の方にオススメの治療法と言えますね。

 

でもレーザー治療ではミラドライのように腫れや痛みを伴うことが少ないので、お子さんの体には負担が少ない治療法と言えます。

 

≫≫レーザー治療をさらに詳しく見るならこちら

 

 

ビューホット

 

 

保険適用:無

費用:30~35万円

 

「ビューホット」もこれまでのミラドライやレーザー治療と同じように、汗腺を破壊して汗を抑える治療法です。

 

でもミラドライやレーザー治療と異なり、ビューホットは下の画像のように照射針のついたカートリッジを使うことですね。

 

 

ビューホットの治療では、この照射針を肌に差し込み、高周波を照射することによって汗腺を破壊するのです。

 

 

そして破壊された汗腺は機能を停止するため、汗が出てくることが無くなり、臭いを元から絶つことができると考えられています。

 

ミラドライやレーザー治療に比べ、ビューホットの方が照射針を差し込んで治療するぶん、効果が高いとみられているようですよ。

 

でもその代わり、術後のお肌へのダメージは、ハリを差し込むぶん、ビューホットの方が大きいようです。

 

(※画像的にはインパクトの強いものになりますが、術後の腫れなどを見てみたい方はYahoo!やGoogleで「ビューホット」で画像検索をしてみてください)

 

ビューホットは汗腺を破壊するので、一度施術すると、ほとんど永久的にニオイの元である汗を防いでくれると考えられています。

 

術後には腫れが出たり、内出血したりして、痛みを感じることがあるようです。

 

 

ワキガ手術は最終手段?

 

ワキガ 手術

 

いかがでしたか。

 

子供の体は未発達なため、メスを入れる手術を行うと身体の成長に伴い、「引きつれ」などを起こすことがあります。

 

ですから、看護師の観点からも、

 

1、自宅でできる体臭ケア⇩

2、メスを使わない治療方法

3、メスを使うワキガ手術

 

という順番で考えていただいた方が、お子さんへの身体の負担は少ないと思います。

 

ただし、「切らないワキガ治療」は、医師の直視下で行うわけではないので、完全に汗腺を破壊するのが難しいと言われています。

 

もし汗腺が残った場合、臭いが再発するリスクもあり、メスを入れる手術よりも入れない手術の方がそのリスクが高くなります。

 

しかも「切らないワキガ治療」には保険の適用がないため高額になるものが多いですね。

 

ですからお子さんのワキガ症の度合いやリスクを照らし合わせながら最善の治療方法を見つけてほしいと思います。

 

そしてお子さんの臭いをケアしようと思えば、例えば食事やボディソープ、デオドラントクリームなどでケアする方法もあります。

 

≫≫子供が臭い!もしかしてワキガ?できる臭い対策を6つご紹介します

 

ちなみにうちの娘は、食事の改善、殺菌・制汗効果のある薬用のボディソープとデオドラントクリームで、ほとんど気にならないくらいまでワキガ臭が改善されましたよ^^

 

もちろん、これまで色々試してみても、あまり効果を感じられない、という場合は病院やクリニックでの治療を選択することも前向きな決断と言えます。

 

でもそこにまだ至っていないのであれば、まずは自宅でできること、お子さんの大事な体を切開しなくても済む方法を試してもらえればと思います。

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

あなたのお子さんの悩みが、できるだけ早く解消することを祈っております。

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL