食事で体臭が強くなる⁉臭いを減らす献立で子供をいじめからガード!

食事 体臭

 

子供の体臭が気になるなら、それは日々の食事にも問題があるかもしれません。

 

外国人にはワキガの人が多い、と以前はよく言われていた子ことですが、最近では日本人でも体臭の強い人が増えています。

 

その原因の一つが、「食事の欧米化」によるものだと言われているのです。

 

あなたはお子さんに、お肉や脂っこいものばかり食べさせてはいませんか?

 

そこで、体臭の原因となりやすい食品をご紹介するとともに、体臭を出にくくする献立とはどういうものか、ご紹介します。

 

体臭を強くする食べものとは?

 

体臭 食事

 

ズバリ、体臭を強くする食べものとは、「お肉(脂質)」「揚げ物」などです。

 

実は体臭の原因は、

 

・体内由来の体臭

・皮膚面由来の体臭

・腸内由来の体臭

 

の3つ要素に分けられるのです。

 

そしてそれらの体臭の元をたどれば、全て【食事】に行きつく、と考えられるのです。

 

特に嫌な臭いの原因となる代表的な食べ物が「動物性のたんぱく質」「脂質」なんですね。

 

「動物性のたんぱく質」は分解されるとアンモニアや硫化水素など「腸内体臭」の原料になります。

 

そして「脂質」は皮脂臭やワキガなどの原因となる雑菌のエサとなってしまうのです。

 

つまり結論から言いますと、体臭を抑えるためにはできるだけ肉と油少なくすることが重要なのです。

 

つまり「唐揚げ」や「ラーメン」、「とんかつ」に「ハンバーガー」など、子供の好きな食べ物は臭いに大きく影響する、と言えるのです。

 

とは言え、いきなりお肉抜きの生活なんてお子さんに嫌われてしまいますし、お肉だって体には重要な栄養素です。

 

ですからせめて、「お肉と一緒に、消臭効果のある食べ物をバランスよく一緒に食べる」ことを心がけてみてください。

 

 

消臭効果の期待できる食品とは?

 

消臭効果

 

体臭を抑える効果が期待できる食品は、大きく3種類に分けることができるんです。

 

その3種類というのが、

 

・アルカリ性食品

・抗酸化食品

・ポリフェノール類

・腸内環境を整える食品

 

なのですが、いきなりこんなふうに言われても、それがどんな食材を指すのかわかりに食うですよね?

 

そこでそれぞれ具体的に何を食べれば摂ることができるのか、ご紹介します。

 

アルカリ性食品とは

 

いわば臭いを発しやすくなる食品は「酸性食品」で、「アルカリ性食品」はそれを中和してくれるので、臭いケアに効果がある、と言えるのです。

 

「アルカリ性食品」の代表的な食べ物と言えば、なんといっても「梅干し」です。

 

さらにワカメやメカブ、モズクなどの海藻類

 

そしてホウレンソウやコマツナなどの緑色野菜

 

またキノコ類大豆製品根菜類などがあります。

 

 

抗酸化食品とは

 

抗酸化食品には臭いの原因である脂質の酸化を防ぐ作用があるとともに、生活習慣病の予防や身体の老化防止にも効果が期待できます。

 

抗酸化作用のある成分の最も代表的なものがビタミンCビタミンEです。

 

ビタミンCを多く含む食品には「パセリ」「ホウレンソウ」「コマツナ」などの緑色野菜

 

「レモン」「アセロラ」「オレンジ」「キウイ」などの果物

 

さらに緑茶にも多く含まれています。

 

 

ポリフェノール類とは

 

ポリフェノールには高い抗酸化作用がありますので、臭いの原因になりやすい体内の酸化を抑えてくれます。

 

代表的なポリフェノールは、お茶の「カテキン」「タンニン」

 

大豆の「イソフラボン」やゴマの「セサミノール」、ニンジンの「カロチン」、緑黄色野菜の色素成分の「アントシアニン」

 

つまり野菜や果物を食事に加え、バランスよく摂取することで参加を防ぎ、臭いの出にくい体質を作ることができるといえますね。

 

 

腸内環境を整える食品とは

 

腸内の環境が悪く、悪玉菌が優位だと、腸内のたんぱく質を腐敗発酵させ、アンモニアやインドール、硫化水素などの有害な臭い物質を出してしまいます。

 

ですから腸内環境を整えることで、体の内側から臭いをケアすることができるといえます。

 

腸内環境を整えてくれる食品は、ヨーグルトなどに含まれる「ビフィズス菌」

 

大豆やゴボウ、アスパラガスやはちみつに含まれる「オリゴ糖」

 

海藻やこんにゃく、キノコ類に含まれる「水溶性食物繊維」

 

これらを摂取することで腸内の菌フローラを整え、悪玉菌を減らし善玉菌を育てることができるのです。

 

また「不溶性食物繊維」は、便をやわらかくして排便を促すため、臭い物質の腐敗や体内への吸収も抑えてくれんですよ。

 

いかがでしたか?

 

臭いを抑えるための食事は、健康にも良い食事だといえますね。

 

これらの食材を毎日の食事に取り入れることで、臭いも病気も少ない体を作っていくことができますね( *´艸`)

 

でも、これらの食材を毎日食事のたびに用意するのは難しい、というお母さんもいらっしゃるかもしれませんね?

 

実際に私がそうでした(-_-)

 

仕事が忙しい、と言い訳をして、娘の食生活まで気を遣うことができていませんでした。

 

ですので、娘には「デオシーク」のサプリメントを飲ませていました。

 

 

デオシークのサプリメントで消臭効果はあった?

 

デオシークサプリメント

 

うちの娘に、デオシークのサプリメントで本当に消臭効果はあったのか?

 

実は正直に申しますと、よくわかりません(笑)

 

もちろんデオシークを使って、娘はほとんど気にならないほど臭いが少なくなりました。

 

でもクリームもボディソープも一緒に使っていたので、サプリメント単体だと、どれくらいの効果があるのかはちょっとわからないんです…(すみません(-_-))

 

ただ、コーヒー、ゴボウ、柿タンニン、緑茶エキス、シャンピニオン(マッシュルーム)、乳頭、ヘスペリジンが配合されています。

 

つまり、先ほどお話した体臭を減らしてくれる成分、

 

・アルカリ性食品

・抗酸化食品

・ポリフェノール類

・腸内環境を整える食品

 

のすべてが入っていたので、とても良いのではないかと思い、購入するとともに娘に飲ませていました。

 

でももちろん、子供に飲ませるものなので、成分は全てチェックしましたよ!

 

「デオシークサプリメントの全成分」柿抽出物、還元パラチノース、ヘスペリジン、乳糖、コーヒー生豆エキス、ゴボウパウダー、甜茶エキス末、シャンピニオンエキス末(マッシュルーム、デキストリン)、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、緑茶抽出物

 

子供の体に害のありそうなものは入っていないどころか、子供が不足しがちな栄養がたっぷりですよね。

 

しかもデオシークは、国内の工場で生産されていて、様々な外部機関のチェックも受けているという記事を読みましたので、安心して飲ませることができました(‘ω’)b

 

ただうちの娘は、「ちょっと粒が大きいから、飲みにくい」と言っていました。

 

うちの娘は中学3年生なので、それより小さいお子さんの場合は、半分に割るなどして飲ませた方がいいかもしれませんね。

 

≫≫デオシークサプリメントの詳細はこちらから

 

 

あなたのお子さんが「ちょっと臭うなぁ」と感じるなら、それは食事に少し気を遣うだけで改善されるかもしれません。

 

またお子さんが便秘気味なら、ヨーグルトやヤクルト、食物繊維を取り入れるなどして、できるだけ臭いが体の中にたまらないよう、配慮してあげてくださいね。

 

 

 

関連記事
トラックバック 2
トラックバックURL