ワキガのボトックス注射って子供でもできるの?副作用はないの?

ボトックス

 

ワキガを改善したいと思って調べていると、よく「ボトックス注射」というものを見かけますよね?

 

手術と違ってメスを入れないので傷が残らず、効果が出るのも早いので子供にも向いているような気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

確かに調べてみますと子供のワキガ治療にボトックス注射をおこなっているクリニックなどはあるようです。

 

でも注射で薬剤を体に入れワキガ臭をおさえる、となると副作用や費用のことなども気になりますよね?

 

そこで、気になるボトックス注射とはどんな治療で費用はどれくらいかかるのか?

 

そして副作用の心配はないのか、しっかりとご紹介したいと思います。

 

ワキガのボトックス注射ってどんな治療なの?

 

ボトックス

 

ボトックス治療は正式名称を「ボツリヌス療法」と言います。

 

このボトックス治療(ボツリヌス療法)はボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質から精製された薬をワキの皮下に注射によって投与する治療法です。

 

この薬には交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックして、発汗を抑える効果があるのです。

 

つまりワキガや体臭、すそわきがなどの原因と言われているアポクリン汗腺の発汗を抑制することで臭いを抑えることができる、というわけなのですね。

 

ワキガや体臭だけでなく、多汗症によるワキ汗などに悩む方にも行われることがあるようですよ。

 

※ボトックス治療に使われる「BOTOX(ボトックス)」は、ボツリヌス菌が生み出す毒素を精製した薬剤の商品名です。

「BOTOX」は、米国アラガン社の登録商標です。

 

 

ボトックス治療の施術は1回にどれくらいの時間がかかる?

 

ボトックス治療は、極細の針でワキに何か所か注射するだけの治療です。

 

ですからたったの15分程度で終わります。

 

その日はお風呂に入ることができませんが、シャワーでの入浴ならできるそうですよ。

 

 

効果はどれくらいの期間持続する?

 

ボトックス 期間

 

この「効果の持続する期間」がもっとも注意していただきたい項目でして・・・。

 

いろんな病院やクリニックのホームページを見てみますと、この効果の持続期間がとてもまちまちなのです。

 

ある病院では、3ヵ月~4ヵ月、と表記されています。

 

でも別のクリニックでは、6か月~9か月、と表記されているのです。

 

これはどういうことかと言いますと、投薬するお薬の濃度が関係しているようです。

 

もちろんお薬の量が多ければ、効果の持続期間も長くなりますが、そのぶん副作用のリスクも高くなってしまいます。

 

 

ボトックス治療の副作用とは?

 

ボトックス 副作用

 

ボトックス療法の副作用としましては、

 

・注射部位がはれる
・赤くなる
・痛みを感じる
・体がだるくなる

 

などが報告されています。

 

特に重大なものが「体がだるくなる=筋肉に力が入らなくなる」というものですね。

 

もちろん一時的なものですが、無理をすれば重大な事故にもつながりかねませんので注意が必要です。

 

また、0.01%の確率でショック症状を起こすことがあるともいわれています。

 

もしボトックス治療を受けて、このような症状があらわれた場合には必ず医師に相談してくださいね。

 

 

子供にも受けさせて大丈夫?

 

ボトックス 子供

 

私の娘は中学1年生でワキガを発症しまして、それからいろいろと体臭の悩みを解消する方法を調べていました。

 

その時にもちろんこの「ボトックス治療」もとことん調べましたが、やっぱり子供の体には負担が大きいと判断し、すぐに却下しました

 

もちろん体臭の悩みは解消してあげたいですが、病気だというわけでもないのに、副作用の心配のあるものを子供のデリケートな体に入れるのはさすがにためらわれました

 

ただ、お子さんのワキガ治療のためにボトックス治療を行っているクリニックは存在するようです。

http://wakigacenter.com/menu/botox/

 

もし、それでも気になる、という場合はご覧になってみてください。

 

ボトックス治療の費用はどれくらいかかる?

 

ボトックス治療は、やはりと言いますか、病気やケガではありませんので、保険適用外となります。

 

しかもそのお値段は病院やクリニックによって異なり、私が調べた中では4万円~8万円と、かなり幅が広いという印象でした。

 

効果には病院やクリニックによって差がありますが、たいてい1年に2回受けるということを考えますと、年間8万円~16万円の費用がかかることになりますね。

 

 

ボトックス治療のまとめ

 

ボトックス

 

では最後に「ボトックス治療」のメリットとデメリットをまとめてみますね。

 

ボトックス治療のメリット

 

・メスを使わないので体に傷がつかない

・3ヵ月から半年ほど効果が持続するので手間が少ない

・治療の時間が15分ほどと短い

・日帰りで治療でき、お風呂にも入れる

 

ボトックス治療のデメリット

 

・保険適用外

・治療費が高額

・強めの副作用が出るリスクがある

 

確かに手術に比べればお子さんには受けさせやすいかもしれません。

 

お値段もご家庭で許容範囲であれば高すぎるということはないかもしれません。

 

でも、やっぱり子供にはあまりメスや副作用のある治療は受けさせたくない、と思うので私は選びませんでした。

 

体臭やワキガ臭は、ボディソープやデオドラントクリームなどでもかなり改善することができますよ。

 

うちの娘が試して、とっても効果を実感していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

 

≫≫うちの娘がワキガを克服したデオドラントアイテムの感想

 

 

 

関連記事
トラックバック 2
トラックバックURL